私のいきがい、それは生きることそのものかな、と思います

生きることって、本当は楽しいもの。
でも、なぜか人生は辛いもの苦しいもの、と思わされているようなところがあるから、生きがいがないとやっていけないって思い込んでいる人が多いのかもしれません。

もちろん、「ああ、生きてる甲斐があったなあ」と思える体験も素晴らしいし、それを味わうことが人間をやっている醍醐味とも言えるかもしれないけれど、それがなくては生きていけないというのは、本末転倒なのではないでしょうか。

もし、あなたの生きがいは何ですか?と聞かれて、何も思い浮かばなかったとしても、それは逆に、生きがいがなくても日常のちょっとしたことに喜びを感じているということで、幸せなことだと思います。

「これが生きがい」と胸をはって言える時、それがなければ生きていけない、というような依存体質になっていないか、ちょっと振り返ってみるのもいいかもしれないな、と思います。

生きることそのものを生きがいにしてしまえば、目の前のこと全てに対して優劣なく取り組むようになり、出来ないと思い込んでいたことが実は簡単に出来たり、つまらないと思っていたことが案外面白かったり、と様々な発見があると思います。闇金トラブルを解決する弁護士・司法書士事務所 実績ランキング